KKキラジェンヌさんより出版した

小松美枝子の著書!「ミエコズガーデン、エディブルフラワーライフ」持っていて楽しい、読んでさらにワクワクする本です。

今年もNew苗が通関しました。

どこにも負けないアイテムです。

庭いっぱいに撒こうと張り切っています。キングシード社の種のパージをご覧ください。

人気のバタフライピー、美しいブルーの花は抗酸化作用がありアンチエイジングの味方です。

MGではティー、をはじめ「種」も発売、簡単に育てられて、収穫の後は次のシーズンの種も取れます

中庭のテーブルは、お気に入りの場所!料理ばかりではなくブーケも生えます。

燃えるような太陽の元、鮮やかに咲く花は情熱的で、無限のパワーを感じます。

エデイブルフラワーのフレッシュパックです。季節によって内容は違いますが、料理を美味しく華やかにしてくれる最高の素材です。

使い始めたら病みつきになる事請け合いです。

 キングシードNew新カタログ

MGの新人(木)ニュージーランドの国花”コーファイ”輝くような幸せ色は幸運と勇気をもたらす花。

see ブログ

早春の庭はにわかに活気づきヒース、梅、河津桜、クリスマスローズと目白押し、美味しい日本の野生ハーブ達もいっぱい。

小松美枝子著エデイブルフラワー
小松美枝子著エデイブルフラワー

エディブルフラワーを日本に初めて紹介してから、最初に出した本!\1900の価格が一時は3万円以上にもなっていました。内容は今も健在、何処かで見つけたらぜひ入手してください。

 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー

時間が足りない

今日の伊豆高原は半袖では、ひんやりして、すっかり秋の風!、

ここの所、気分を変えたくて、庭や家、色々な所に手を入れている。今までも窓を増やしたり、室内をすっかり改装したり、結構かけたのに・・今年は2階から始まって、7月~ずっと職人さんを頼んで、屋根、外壁、ラストに塗装やさんの反対を押し切ってドァーを赤にしてもらって、フィニッシュ、色を決めたり、技を教えてもらったり、共に作業をしながら、自分の仕事もこなしています。

さぁ今夜は気持ちを切り替えて、夜中に伊豆を出発、川崎の家へ、明日は主人と銀座まで出かける、首都高が混まない事を願いながら、車の点検をして荷物を積み始めた、主人に伊東港で上がった魚の煮つけを作ったり野菜や果物を入れたりして、行くまでに疲れてしまいそう。

いつもの作業だが、うううん 自分にファイト(^v^)ーーーー