KKキラジェンヌさんより出版した

小松美枝子の著書!「ミエコズガーデン、エディブルフラワーライフ」持っていて楽しい、読んでさらにワクワクする本です。

今年もNew苗が通関しました。

どこにも負けないアイテムです。

庭いっぱいに撒こうと張り切っています。キングシード社の種のパージをご覧ください。

人気のバタフライピー、美しいブルーの花は抗酸化作用がありアンチエイジングの味方です。

MGではティー、をはじめ「種」も発売、簡単に育てられて、収穫の後は次のシーズンの種も取れます

中庭のテーブルは、お気に入りの場所!料理ばかりではなくブーケも生えます。

燃えるような太陽の元、鮮やかに咲く花は情熱的で、無限のパワーを感じます。

エデイブルフラワーのフレッシュパックです。季節によって内容は違いますが、料理を美味しく華やかにしてくれる最高の素材です。

使い始めたら病みつきになる事請け合いです。

 キングシードNew新カタログ

MGの新人(木)ニュージーランドの国花”コーファイ”輝くような幸せ色は幸運と勇気をもたらす花。

see ブログ

早春の庭はにわかに活気づきヒース、梅、河津桜、クリスマスローズと目白押し、美味しい日本の野生ハーブ達もいっぱい。

小松美枝子著エデイブルフラワー
小松美枝子著エデイブルフラワー

エディブルフラワーを日本に初めて紹介してから、最初に出した本!\1900の価格が一時は3万円以上にもなっていました。内容は今も健在、何処かで見つけたらぜひ入手してください。

 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー

ハロウィーン( Halloween)

カナダBC州で、数え切れない位、沢山のユニークなカボチャの山に出会った事があり、その写真を探していましたが・出てこない、明日は農大のオープンカレッジの第1回目の講義、世田谷キャンパスなので、早めに車をスタートさせたいけど、ハロウィーンが終わってしまうと残念なので、とりあえず、私の手作ランタンと、可愛いディスプレーを紹介しましょう。

ハロウィーンは毎年1031日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りで。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事です、現在世界各地で催されますが、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなり、カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などが残されています。

私は、野菜やフルーツをくり抜く”カ―ビング”を楽しんでいます・・可愛いカボチャが手に入ったので、中のキャンドルの炎が良く見えるように単純な線でカットしました。炎のサイズを考えて、上部は開け、太めの「ハーブキャンドル」を作って入れてみました。

色はご機嫌です。