KKキラジェンヌさんより出版した

小松美枝子の著書!「ミエコズガーデン、エディブルフラワーライフ」持っていて楽しい、読んでさらにワクワクする本です。

今年もNew苗が通関しました。

どこにも負けないアイテムです。

庭いっぱいに撒こうと張り切っています。キングシード社の種のパージをご覧ください。

人気のバタフライピー、美しいブルーの花は抗酸化作用がありアンチエイジングの味方です。

MGではティー、をはじめ「種」も発売、簡単に育てられて、収穫の後は次のシーズンの種も取れます

中庭のテーブルは、お気に入りの場所!料理ばかりではなくブーケも生えます。

燃えるような太陽の元、鮮やかに咲く花は情熱的で、無限のパワーを感じます。

エデイブルフラワーのフレッシュパックです。季節によって内容は違いますが、料理を美味しく華やかにしてくれる最高の素材です。

使い始めたら病みつきになる事請け合いです。

 キングシードNew新カタログ

MGの新人(木)ニュージーランドの国花”コーファイ”輝くような幸せ色は幸運と勇気をもたらす花。

see ブログ

早春の庭はにわかに活気づきヒース、梅、河津桜、クリスマスローズと目白押し、美味しい日本の野生ハーブ達もいっぱい。

小松美枝子著エデイブルフラワー
小松美枝子著エデイブルフラワー

エディブルフラワーを日本に初めて紹介してから、最初に出した本!\1900の価格が一時は3万円以上にもなっていました。内容は今も健在、何処かで見つけたらぜひ入手してください。

 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー

房総半島 美味紀行

私の暮らす伊豆高原は、7月・8月はレジャーのお客様でいっぱい、庭や書類の整理を夢中でしているうちに夏休みもラストになりました、30日に急に思い立って早朝から東京駅経由で千葉・勝浦の朝市へ、日本三大朝市という事ですが・・本当?淋しい・・。私の近所の朝市の方が賑やか見たい・・藁できれいにくくった唐辛子2本と丸餅を買いました。その後、地酒をいただきながらのリゾートホテルのランチもご機嫌だったし、良く実ったブルーベリーは・・1.5キロの収穫、「もっと、もっとと言っていただき、大サービスの写真の量です。次は”イセエビのつかみどり?”初めて聞きましたが、イメージは痛たそう(*^_^*)でもトングを使うのでいたくはありませんでした、向きを理解している私は、一発でゲット、伊豆でも漁師さんから時々いただくので、持ち帰りは1匹!。

8/31日と9/1は、ジャム作りと伊勢海老汁に大忙し、調べたい事もうまくいったし今回の訪問はハナ○でした。