2019年:ハロウイン、サンクスギビングディー、クリスマス。等には、ターキーの料理は欠かせないものです。美味しくつくりましょう。

2019残暑お見舞い申し上げます。

暑い太陽の元、鮮やかに咲く花はパワーを感じます。

中庭のテーブルの上に置いてみました。料理ばかりでなくブーケも似合います。

ミエコズガーデンオリジナル「エデイブルフラワーティー」の3品のうちの一つ”ローズガーデン”です。元気が出て美しくなれるバラ達のミックス。金色のお茶です。

人気のバタフライピー、美しいブルーの花は抗酸化作用がありアンチエイジングの味方です。

MGではティー、をはじめ「種」も発売、簡単に育てられて、収穫の後は次のシーズンの種も取れます

エデイブルフラワーのフレッシュパックです。季節によって内容は違いますが、料理を美味しく華やかにしてくれる最高の素材です。

使い始めたら病みつきになりまる事請け合いです。

エントランスのモミの木に今年もブルーのライトが灯りました。

毎年大きくなって、部屋の中からもキリストの生誕を祝っています。

カナダ・ノバスコシァ州のクリスマスナイトツァー、ライトアップした家々は幻想的で、サンタクロースが乗って来たときは歓声が上がった~♪

ヨーロッパ、オセアニア、カナダ、アメリカなど海外取材の機会が多い私は、サンクスギビングディー、ハロウイン、クリスマス等に、様々な国でターキーの料理に舌鼓を打ちます。

自然災害が続き不安材料いっぱいの秋です。1.5mにもなった大型アブチロン、毎年鈴なりの花を咲かせます。夏の終わりの花です。

 キングシードNew新カタログ

MGの新人(木)ニュージーランドの国花”コーファイ”輝くような幸せ色は幸運と勇気をもたらす花。

see ブログ

早春の庭はにわかに活気づきヒース、梅、河津桜、クリスマスローズと目白押し、美味しい日本の野生ハーブ達もいっぱい。

 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
 涼を呼ぶエデイブルフラワーゼリー
  JHS  新潟支部 講演
  JHS  新潟支部 講演
小松美枝子著エデイブルフラワー
小松美枝子著エデイブルフラワー

  

10年~20年~30年と、長いお仕事つながりの方々が、Hpを覗いてくださっているのが解りとてもうれしく思っています。加えて、初めての方の訪問も多く、これも嬉しい限りです。

♪~ ハーブとエディブルフラワーでつながるお仲間です、大切に良いお付き合いをしてまいりましょう。~♪

 

 さて、初めて訪れて下さる方は、巻頭から私(小松美枝子)のコメントで順番が悪いと思っていらっしゃる、かもしれません。どうぞ ホーム → プロフィール 等をクリックして・・楽しんでください。 

 

元日:次男家族と稲取の風車の丘へ、あいにくの曇天、雲の間からすこーしご来光の感じがうかがえただけ残念!

元日上皇上皇后両陛下もお越しになった里山”池”、大晦日には花火が上がったり神楽やお酒がふるまわれ賑やかですが一夜開けると、静か!厳かな雰囲気の中で心を込めて参拝!

7日 ハーバリスト式七草がゆ、七草は、五節句のひとつで、七草粥は草の効用によって冬場の体調を補い新年の無病息災を願うというものですが、川崎にいても伊豆にいても、自分で集めるのが私流(^^♪

春の七草「せり・なずな / ごぎょう・はこべら / ほとけのざ / すずな・すずしろ 」それに加えて、摘み取ったばかりのステビア、カンゾウ、ヨモギ、トスカーナキャベツ、アシタバ、ソサエティガーリック、ローズにダイアンサス。愛情たっぷり調理します???

2019.12.25

ラジオから流れる”クリスマスソングを聞きながら( ^ω^)・・・過去のクリスマスを思い出しています。

フランス、イタリア、ニュージーランド、アメリカ、カナダ・・・取材やプライベートで沢山の国の人々と、心に残るクリスマスの体験をしてきました。サンタクロースの膝にのって、祝福してもらったこともあります(^^♪。

赤毛のアンの「プリンスエドワードアイランド」は今の時期、クランベリーが山ほど市場に出ていて、ターキーにかける”クランベリーソースは極上でした。ツリーも大きな農場から切り出してもらっていました。

 

今年は日本で、美味しいライスをお腹一杯詰めたターキー(日本はニワトリ)をお客様に仕立てています。

♪~2019年10月、2度の台風災害にもめげず庭の植物たちは次々と咲いています~♪

2019年10月27日、

台風15.19号と被害を受け、予定がまるで狂っている日々です。

 

神戸淡路、東日本等震災時とできるだけの協力をしてきましたが。まさか!まるで心配なかった伊豆に初めての災害です。

災害時の衛生、精神的ケァ、etc・・・様々な場所でハーブは役に立ちます。落ち着いて、こんな時こそハーブの力を!!

 

いち早くお心にかけて下さり、種々のお見舞い有難うございました。心より感謝いたします。

 

 

 👈自慢のリンデンが根こそぎ倒れました、華やかな「花桃」の豪華な樹も通路に横たわっています。

道路側は強剪定と大がかりな植え替えをしておいたので助かりました。問題は大木の2本・・・農大が来るか?河津の助っ人か?地元の業者か、早く来た方にお願いします。

19号は家の中の雨漏りは、一時しのぎのブルーシートを通って、バケツに3杯くらいの水がたまりました。 

🌼 台風15号の時!伊東市の「避難勧告」が4回も出ましたが、高台にあり、20年心配したことなかったので、

  ゆったり構えていました。自分の部屋でテレビがついているうちは、周りを気にせずにいましたが・・・

  真夜中・・・

  電気が消えました。大きなハーブキャンドルを手さぐりでつけて・・・風と雨がますます激しくなり、

  物が飛ぶ音が聞こえます。家の中に雨漏りが始まりました。バケツ、洗面器、花材を入れる容器、

  たくさん用意して、耳を澄ませ雨水を受けます。

☎ 携帯はフルに充電しておきましたが・・・常設の電話も通じません。多分外の電話線が切れたのでしょう。

  夜が明けて、外は足の踏み場もないほど、枝と葉っぱで埋め尽くされています。

🏠 後になって、稲取の海辺のお宅は、軒並み瓦が飛んだとか、河津の花のハウスが飛ばされた、川奈の名店は

  2軒全滅などの連絡が入りました。2.3日して電話もつながると、伊東の旅館も建物の中まで浸水等、思っていた

  より被害の大きい

  画像がどんどん入ってきます。千葉程ではないようですが、近所の家には足場が沢山かかっています。

 

🌀 その後、台風19号が来る12日になりました。13日は主人の一周忌。川崎の家にお客様をお呼びしているので、

  前日の12日は出かける事が出来ず、伊豆で嵐の中、料理作り、「来るなら来い」と強がりを言いながら(^_-)-☆

🚙 13日の早朝、6時前に出発、小田原までは何とか行きましたが、西湘バイパス・小田原厚木道路が

  「通行止め」1号線に回ったら上下とも車でいっぱい、次男と連絡を取りながら、東名の中井へ、

   ここから通れて、東名川崎へ、何とか法事も済ませる事が出来ました。

ゴメンなさーーい

 29日のミエコズガーデンツァーもキャンセル、お泊りも取ってあった方もいて、ご迷惑おかけいたしました。

 食事のお客様は、暫くの間川崎のミエコズガーデンでお受けしています。 from Mieko Komatsu

  2019.10.19現在

静岡新聞&伊豆新聞、掲載誌

↑ 読売新聞2019.8.24(土)

← 静岡新聞8月1日(木)

ハーブは暮らしの必需品!!

ハーブは大勢の方が利用して、有効に暮らしに取り入れて下さるようになりました。特に”アロマテラピーを学ぶ人口は驚くほど増加しています。・・願うのは確かな腕をつけて、実践して欲しいと思うのみです。

ハーブの多義にわたる楽しみの中で、私が日本に初めて紹介した「エデイブルフラワー」が、人気アップの兆しです。ドラマやコマーシャルにも登場しています。

9月からは秋田の大きなハーブガーデンから、リーダの方が特別授業を受けに見えます。更なる魅力作りに、手を貸します。乞うご期待 

↓品川の駅前のタイ料理店、何時もここであんちゃん(バタフライピーのドリンクを飲みます。)

 


2019年7月伊豆新聞お庭紹介

7月初めにリンデンの木の下で見学のお客様と「伊豆新聞」にご紹介いただいた。その後

再度、原稿依頼が来ました「ハーブは暮らしの必需品」というタイトルで出しました。下記の記事です。

本日8月3日は右手がすこし傷んでいます。毎日ハードな整枝剪定をしています。

静岡新聞、読売新聞と取材が続いています。

ハーブも、エディブルフラワーも興味を持ってくださっているようです。皆様楽しんで下さ―――い。

バラのうちで一番価値のある品種、日本にもこんなところが・・・

天候が定まりません、この時期、日本にいるとどうしても行きたい場所があります。6000本のロサ・ダマスケナを栽培している。山梨の農場です。特別、わがままを言って、最寄り駅まで迎えに来ていただいています。

いつもは一泊するのですが、今年は仕事がつかえていて日帰りでした。

完璧なオーガニック栽培と、クリーンな研究所の経営はあっぱれです。

社長のやさしさに甘えて、メディアも入れない所へ、何度もお邪魔しています。

オープンガーデンも終わり、庭の手入れに余念がありません。

「フレマルシェ」で、エデイブルフラワー特集を掲載しました。

日本農業新聞発行

全国 650 カ所の JA 農産物直売所(JA ファーマーズマーケット)にで51日~25万部配布される。

フリーペーパー「フレマルシェ」で、エデイブルフラワー特集を掲載しました。

品目から利用御仕方まで、初心者のための A. B  C ・・・楽しいレシピもご紹介しています!

お近くの直売所で手に入れて下さい。小松美枝子

 

昨年の春はタキイ種苗の「はなとやさい」で特集好評をいただきました。 Thank you

植物のマーケットは春に力が入りますが秋も大切です。

いらっしゃい🌻いらっしゃい

~♪~♪~♪~

5月大型連休も終わり、一般の方には”令和"の仕事始め・・・

長いお休み、充実していらっしゃいましたか?お疲れさまでした。

伊豆高原も135号メイン道路は動きが取れない程混んでいました(^_-)-☆、ゲストもお帰りになり、ガーデンもどこから見ても美しい時季で中庭のひと時を堪能しています。

今月は東海バスのガーデンツァーの方々も度々訪れるし、個人やグループでの予約の方もいらっしゃいます。

5月25.26日は「フリーオープンデ―」苗や種、ハーブティー、ブック、ハニー、エデイブルフラワーソルト等ミエコズガーデンの商品もご用意しています。

美しいシーズン・毎日ハーブや花や、果実が(^^♪庭を彩っています。

平和を楽しみましょう。無料でお茶のご用意があります。

ご希望の方にはお菓子や食事も・・・(有料で)~♪~♪~♪~

春の準備が整った?庭は、美味しいものと美しい物がスタンバイ

2月27日

ミモザが咲き、桜が咲き、南高梅も花をつけ、フキノトウ、アシタバ、カタクリ、行者ニンニク・・・と美味しいものと美しいものとのシンフォーニーの始まりです。

 

川崎市多摩区生田、ミエコズガーデン生田オフィスは外国に行くのも、映画やお芝居を観るのも、とても便利で伊豆と川崎どちらも手放せなくなっている、現在です。

 

2月も後半、あちこちで、お雛様が飾られ、私の誕生日(3月6日:啓蟄)の日が近ず来ました、体力を蓄え、忙しくなるシーズンの準備です。

上の写真は教室でお教えする、「香りのミニびな」2.5センチ位のもので小さなケースでも収まります。

Happy New Year

長い間、ページに触れることができませんでした。

 

私の2018年は、仕事は順調で、楽しみながら多くの講演、新刊の出版・新聞・雑誌の連載と目まぐるしい中にも充実した一年を過ごすことができました.

 

 

1月1日長い生涯の中で、一番シンプルな新年を迎えています。初めて、「おせち」も作らず・・(長男のプレゼントでホテルで過ごし)頭と身体をゆっくり休ませることができました。

このページにアクセスしてくださる、海外の方や国内の企業の方々、思うように対応できない旧年でした。ゴメンナサイ、新しい年は、動きも良くして??対応して行きたいと思っています。

 

1月と8月はハーブ&エディブルフラワー教室はお休みですが、新年会・交流会と続き、2月からは講演が控えています。ガーデンの見学も7月8月まで飛び飛びで入っています。自分自身のライフスタイルの見直しを開始しました、どこまで改良できるか今年のテーマです。

  

2019年元旦 小松美枝子